初発多発性骨髄腫に対し、MPT療法(メルファラン、プレドニゾン、サリドマイド)+サリドマイド維持療法(MPT-T)とMPR療法(メルファラン、プレドニゾン、レナリドミド)+レナリドミド維持療法(MPR-R)の効果は有意差はないが、MPR-R療法のほうが毒性は少なく、導入療法終了時のQOLは良好であることが、多施設共同無作為化フェーズ3試験E1A06で明らかになった。米国Mayo ClinicのA. Keith Stewart氏らが、5月30日からシカゴで開催されている第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)で発表した。

ログインして全文を読む