新規診断の骨髄移植不適格なマントル細胞リンパ腫(MCL)患者において、ボルテゾミブを含むVR-CAPレジメンが、新たな標準治療となりうることが示された。多施設ランダム化オープンラベルフェーズ3試験LYM-3002でPFSの有意な延長が示されたもので、5月30日から6月3日まで米国シカゴで開催されている第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO)で、スイスOncology Institute of Southern SwitzerlandのFranco Cavalli氏が報告した。

ログインして全文を読む