既治療の転移性腎細胞癌を対象としたnivolumabのフェーズ2試験で、nivolumabは用量と効果に相関はなく、いずれの用量でも臨床的効果が認められることが示された。対象者の半数に12〜24カ月以上の長期奏効が得られていた。5月30日から米国シカゴで開催されている第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)で、米memorial Sloan Kettering Cancer CenterのRobert Motzer氏が発表した。

ログインして全文を読む