EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌でゲフィチニブやエルロチニブに抵抗性を示した患者に対するtivantinibとエルロチニブ併用は、想定されたEGFR-TKI抵抗性打開の効果は認められなかったが、特定の患者層では効果が期待できる結果だった。5月30日から米国シカゴで開催されている第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)で、大阪府立呼吸器・アレルギー医療センターの平島智徳氏が発表した。

ログインして全文を読む