EGFR変異を有する非小細胞肺癌患者に対する1次治療として、ゲフィチニブ投与とシスプラチン−ドセタキセル(CD)投与は、どちらを先にしても約3年間の生存期間が得られることが分かった。フェーズ3試験WJTOG3405の全生存期間(OS)に関する最終解析の結果明らかとなったもの。5月30日から6月3日までシカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2014)で、倉敷中央病院の吉岡弘鎮氏によって発表された。

ログインして全文を読む