糖尿病患者におけるヘリコバクター・ピロリ(ピロリ)の除菌成功率は、糖尿病でない患者よりも低いことが明らかとなった。これは糖尿病とピロリに関連する文献をメタ解析した結果で、新潟県立大学の堀川千嘉氏らが日本糖尿病学会(5月22〜24日、大阪開催)で発表した。

糖尿病に罹患しているとピロリ除菌の成功率が下がるの画像

ログインして全文を読む