強化インスリン療法による早期の糖毒性解除は、良好な血糖コントロール維持に有効であることが示された。未治療の2型糖尿病に対する6カ月間インスリン強化療法パスの有用性について検討した結果、明らかになった。りょう内科クリニックの奈須下亮氏らが日本糖尿病学会(5月22〜24日、大阪開催)で発表した。

6カ月間インスリン強化療法が良好な血糖コントロール維持に有効の画像

ログインして全文を読む