2型糖尿病患者が玄米を2カ月間摂取することで、食物繊維摂取量が増加したほか、血管内皮機能が有意に改善したことが報告された。滋賀医科大学の近藤慶子氏が日本糖尿病学会(5月22〜24日、大阪開催)で発表した。

玄米を主食とした食事介入で血管内皮機能が有意に改善の画像

ログインして全文を読む