食事+運動療法のみで血糖コントロール不十分な2型糖尿病において、ダパグロフロジン単独療法による長期の安全性と有効性が確認された。第III相長期非盲検試験の成果で、アストラゼネカ社の星野裕治氏らが日本糖尿病学会(5月22〜24日、大阪開催)で発表した。

ダパグロフロジン単独療法で長期の安全性と有効性を確認の画像

ログインして全文を読む