日本糖尿病学会では2年ごとの年次学術集会で、学会が取り組んでいる事業の進捗状況や今後の方針などについて、理事長が直接、会員に説明する場を設けている。5月22日に大阪で開幕した日本糖尿病学会で同学会理事長の門脇孝氏は、2010年に提唱した「DREAMS」の直近の2年間の活動を解説、それに基づく挑戦によって「糖尿病解決先進国」になろうと呼びかけた。

アクションプランDREAMSへの挑戦で「糖尿病解決先進国」にの画像

ログインして全文を読む