大豆食品の摂取が血中アディポネクチン値を上昇させるとの報告があり、大豆食品の糖尿病予防効果が注目されている。そこで、住民検診受診者に食事習慣の調査を行い、糖代謝関連の検査値との関連を調べた結果、味噌汁を1日に3杯以上摂取している群は、2杯以下の群に比べて有意に空腹時血糖が低く、血中アディポネクチン値が高いことなどが示された。山形大学の和田輝里子氏らが日本糖尿病学会(5月22〜24日、大阪開催)で発表した。

味噌汁の毎食摂取が糖尿病予防に有効の画像

ログインして全文を読む