日本人患者へのエンパグリフロジン単独投与によって、HbA1c、体重、収縮期血圧が有意に低下し、忍容性も高かったことが示された。無作為化二重盲検並行群間比較国際共同試験(Global study)の日本人サブ解析の成果で、日本ベーリンガーインゲルハイム社の志岐甲介氏らが日本糖尿病学会(5月22〜24日、大阪開催)で発表した。

日本人患者へのエンパグリフロジン投与、HbA1c、体重、収縮期血圧が有意低下の画像

ログインして全文を読む