内因性インスリン分泌能検査である食事負荷試験とグルカゴン負荷試験で得られる血中Cペプチド(CPR)反応性の違いが、インクレチン関連薬の治療効果予測に有用であることが示唆された。横浜労災病院の奈良枝里子氏らが日本糖尿病学会(5月22〜24日、大阪開催)で発表した。

内因性インスリン分泌能検査がインクレチン関連薬の治療効果予測に有用の画像

ログインして全文を読む