リキシセナチド追加投与は、非肥満、肥満に関わらず有効かつ安全であることが示された。GetGoal-L-Asia試験とGetGoal-S試験を併合解析した結果、明らかになった。信州大学の駒津光久氏らが日本糖尿病学会(5月22〜24日、大阪開催)で発表した。

リキシセナチド追加投与、開始時の非肥満、肥満に関わらず有効かつ安全の画像

ログインして全文を読む