末期腎不全患者において、新規抗血小板薬であるチカグレロルはクロピドグレルよりも迅速でかつ高い血小板凝集能抑制効果を示すことが報告された。韓国Kyung Hee University HospitalのWeon Kim氏らが、3月21〜23日に東京で開催された日本循環器学会(JCS2014)のポスターセッションで発表した。

末期腎不全患者でチカグレロルは迅速かつ高い血小板凝集能抑制を達成の画像

ログインして全文を読む