う蝕は、特に65歳以上の男性における院外心停止に関連する可能性が示された。集団を対象とした生態学的研究(ecological study)の成果で、福岡大心臓血管内科の末松保憲氏が、3月21〜23日に東京で開催された日本循環器学会(JCR2014)のセッション「Late Breaking Cohort Studies」で発表した。

虫歯が65歳以上の男性における院外心停止に関連かの画像

ログインして全文を読む