5年間の延べ3万5500人の外来検診患者を対象に、早朝尿による1日推定食塩摂取量を調べたところ、直近の2012年でも平均11.0gと高いままで、高血圧患者で減塩目標「6.0g以下」を達成している割合は3%とごくわずかであることが示された。3月21日から東京で開催されている日本循環器学会(JCS2014)のオーラルセッションで、静岡県浜松市の遠州病院の高瀬浩之氏らが発表した。

「食塩1日6.0g以下」達成率は高血圧患者のわずか3%の画像

ログインして全文を読む