脂質管理下で経皮的冠動脈インターベンション(PCI)が必要な患者では、血糖の変動が冠動脈プラークの脆弱性を悪化させる可能性が、連続グルコースモニタリングシステム(CGMS)を用いた血糖変動の測定と、血管内超音波検査(VH-IVUS)を用いたプラークの観察により示された。神戸大循環器内科の新家俊郎氏が3月21日、日本循環器学会(JCS2014)のプレナリーセッションで発表した。

血糖の変動が大きいほど冠動脈プラークの脆弱性が上昇する可能性の画像

ログインして全文を読む