新規経口抗凝固薬のエドキサバンについて、非弁膜性心房細動患者を対象とした第3相ENGAGE AF-TIMI 48試験の東アジア人データのサブ解析結果が報告された。国立病院機構大阪医療センターの是恒之宏氏らが、3月21日に東京で開幕した日本循環器学会(JCS2014)のセッション「Late Breaking Clinical Trials」で発表した。

エドキサバン、ENGAGE AF-TIMI 48試験の東アジア人患者のサブ解析結果が明らかにの画像

ログインして全文を読む