医師との間で治療目標について十分にコミュニケーションをとっている関節リウマチ(RA)患者は、医療への満足度が高いことが患者調査により明らかとなった。名古屋市大大学院公衆衛生学の小嶋雅代氏が日本リウマチ学会(JCR2014、4月24〜26日、東京開催)で発表した。

医師と治療目標を共有することで患者の満足度が向上の画像

ログインして全文を読む