関節リウマチ(RA)の既往がない健常者において、リウマチ因子(RF)の値は、ウエスト径や収縮期血圧など既知の心血管イベントのリスクファクターと関連があることが明らかとなった。聖路加国際病院(東京都中央区)アレルギー膠原病科の閔治先氏が日本リウマチ学会(JCR2014、4月24〜26日、東京開催)で発表した。

リウマチ因子と心血管イベントの危険因子に軽度の相関の画像

ログインして全文を読む