生物学的製剤で寛解を達成した関節リウマチ(RA)では、その後生物学的製剤を休薬できる、いわゆるバイオフリーを達成できる症例が存在する。今回、インフリキシマブ(IFX)で寛解に至ったRA患者を対象とした検討から、約4割が長期のバイオフリーを達成できるが、患者背景から事前に長期のバイオフリー達成を予測することは難しいことが明らかになった。4月24〜26日に東京で開催された日本リウマチ学会(JCR2014)で、埼玉医科大学総合医療センター リウマチ・膠原病内科の西英子氏らが報告した。

長期のバイオフリー達成を事前に予測することは難しいの画像

ログインして全文を読む