現在策定中の「RA治療ガイドライン2014」では、関節リウマチ(RA)に適応がある生物学的製剤の使用を「強く推奨する」ことが明らかとなった。産業医大第一内科の平田信太郎氏らが日本リウマチ学会(JCR2014、4月24〜26日、東京開催)のワークショップで発表した。

新RA治療ガイドライン、生物学的製剤の使用を「強く推奨」の画像

ログインして全文を読む