関節リウマチ(RA)の疾患活動性は季節や気候などの影響を受けることが報告されているが、秋は他の季節に比べて最も疾患活動性が低く、患者の全般評価(VAS)なども低下することが示された。4月24日から26日まで東京で開催された日本リウマチ学会(JCR2014)で、東京医科大学リウマチ膠原病内科の森浩章氏らが発表した。

関節リウマチ患者の疾患活動性は「秋」が一番低いの画像

ログインして全文を読む