現在、厚生労働省研究班の事業として策定が進められている「RA治療ガイドライン2014」では、メトトレキサート(MTX)以外の抗リウマチ薬(DMARDs)として、注射金製剤(商品名シオゾール)、ブシラミン(リマチル他)、サラゾスルファピリジン(アザルフィジンEN、サラゾピリン他)、レフルノミド(アラバ)、タクロリムス(プログラフ他)、イグラチモド(ケアラム、コルベット)が推奨されることが明らかとなった。慶應大リウマチ内科の金子祐子氏らが日本リウマチ学会(JCR2014、4月24〜26日、東京開催)のワークショップで発表した。

新RA治療ガイドライン、注射金製剤やブシラミンも推奨薬にの画像

ログインして全文を読む