現在、厚生労働省研究班の事業として策定が進められている「RA治療ガイドライン2014」では、関節リウマチ(RA)治療におけるメトトレキサート(MTX)の使用を強く推奨すると共に、MTXでは周術期の休薬を推奨しないことが明らかとなった。京都府立医大免疫内科学の川人豊氏らが日本リウマチ学会(JCR2014、4月24〜26日、東京開催)のワークショップで発表した。

新RA治療ガイドライン、MTXは周術期にも休薬しないことを推奨の画像

ログインして全文を読む