メトトレキサート(MTX)などの従来の疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARDs)で寛解導入に至らなかった関節リウマチ(RA)患者に対してイグラチモドを追加投与したところ、投与開始から24週で疾患活動性の有意な低下が認められたことが示された。名古屋膠原病リウマチ痛風クリニックの玉置繁憲氏らが日本リウマチ学会(JCR2014、4月24〜26日、東京開催)で発表した。

イグラチモド投与、24週で疾患活動性が有意に低下の画像

ログインして全文を読む