関節リウマチ(RA)診療に携わる看護師らは、寛解達成という目標に向けて治療を行うTreat to target(T2T)の概念をどこまで理解しているのか――。NTT西日本大阪病院の房間美恵氏らは、この問に対する答えを求めて意識調査を実施。T2Tを理解することが看護師活動の領域を広げ、その専門性を高める可能性があることを明らかにし、日本リウマチ学会(JCR2014、4月24〜26日、東京開催)のワークショップで成果を発表した。

看護師は「T2T概念」をどこまで理解しているのかの画像

ログインして全文を読む