入院後の総ステロイド投与量が少ない自己免疫疾患患者であっても、深部静脈血栓症(DVT)が生じる場合があり、その患者背景を検討したところ、急性感染症の合併例でCRP高値だったことが示された。大阪府立急性期・総合医療センターの川崎貴裕氏らが日本リウマチ学会(JCR2014、4月24〜26日、東京開催)のワークショップで発表した。

総ステロイド投与量が少ない自己免疫疾患患者でもDVTを発症の画像

ログインして全文を読む