初期の閉経後乳癌患者で、タモキシフェンを2年から3年投薬されてから、アロマターゼ阻害剤であるエキセメスタン(商品名「アロマシン」)を投与した群は、タモキシフェンをそのまま投薬し続けた群に比べて、死亡のリスクを15%低減させることができることが、大規模臨床試験の結果、明らかとなった。成果はASCO2006で英国がん研究所のJudith Bliss氏が発表した。

タモキシフェンからエキセメスタンへの切り替えで死亡のリスクが15%低減の画像

ログインして全文を読む