葉酸代謝拮抗剤であるペメトレキセド(商品名「ALIMTA」)を進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者に投与した場合の全体の生存率は、ドセタキセル(商品名「Taxotere」)と同等であることが明らかになった。

ログインして全文を読む