マルチキナーゼ阻害剤薬スニチニブ(商品名:Sutent)の転移性腎細胞癌に対する第1選択薬としての第3相臨床試験で、標準治療と比べて増悪せずに生存する期間が延長し、奏効率の改善も示すことが明らかとなった。ASCO2006で、米国のスーロンケタリング記念がんセンターのRobert J.Motzer氏らが発表した。

スニチニブが転移性腎細胞癌の無増悪生存期間を延長の画像

ログインして全文を読む