レトロゾールはin vitroの試験において、アナストロゾールに比べ、より強力なアロマターゼ阻害薬であることが知られている。西部総合病院(英国エジンバラ)のJ. Michael Dixon氏は、6月3日のポスターセッションで、54人の閉経後乳癌患者を対象に、レトロゾール12週投与後、アナストロゾールを12週投与する群(L→A群)と、アナストロゾール12週投与後、レトロゾールを12週投与する群(A→L群)の2群で、エストラジオール(E2)値の低下作用を比較した成績を報告した。その結果、レトロゾールはアナストロゾールに比べて42%、E2レベルを強力に抑制することが示された。

ログインして全文を読む