イマチニブと外科切除を組み合わせた大規模臨床試験は、今までに行われていない。そのため、イマチニブ投与後の手術適応については、明確な結論が得られていなかった。そこで、独ハイデルベルグ大学のPeter Hohenberger氏らは、少数例ではあるが検討を行った。結果として、「イマチニブ奏効中の外科切除は、考慮する価値がある」という。本演題は6月3日の口演で発表された。

イマチニブ投与後の外科切除は効果の得られている段階で考慮すべきの画像

ログインして全文を読む