加齢に伴い、筋力や活動量が低下した状態であるフレイル(frailty)。その前段階であるプレフレイルにおける過度の降圧は、転倒やフレイルへの進行につながる可能性が示された。大阪大学老年・腎臓内科の中間千香子氏が、第37回日本高血圧学会(JSH2014、10月17〜19日、横浜開催)で発表した。

プレフレイルにおける過度な降圧に注意の画像

ログインして全文を読む