日本人高齢者でも、心房細動(AF)患者の脳梗塞リスクはCHADS2スコアの点数に応じて上昇し、2点以上では有意に高くなることが分かった。東京都健康長寿医療センターにおける連続剖検症例を対象としたレトロスペクティブ研究から明らかになったもので、第37回日本高血圧学会(JSH2014、10月17〜19日、横浜開催)で、同センター循環器内科の原田和昌氏らが発表した。

日本人高齢者でもCHADS2スコア2点以上で脳梗塞リスク上昇の画像

ログインして全文を読む