NPO法人日本高血圧学会は10月19日、全会員を対象とする「研究活動に関わる倫理行動規範」を公表した。研究不正の発覚で臨床試験への信頼が揺らいでいる中、日本高血圧学会としても再発防止への取り組みを加速させる必要に迫られていた。今回の倫理行動規範は、第三者委員会による「臨床研究に関する提言」を実現するための第一歩として位置付けられている。11月1日から実施となる。

日本高血圧学会が倫理行動規範を公表、11月から実施の画像

ログインして全文を読む