高血圧患者に対する外来での積極的な減塩指導により、減塩指導を行わないコントロール群よりも24時間自由行動下血圧が有意に下がることが分かった。新小山市民病院内科の中野真宏氏が第37回日本高血圧学会(JSH2014、10月17〜19日、横浜開催)で発表した。

外来での減塩指導で高血圧患者の24時間血圧が有意に低下の画像

ログインして全文を読む