全国保険医団体連合会(保団連)の会員医師への調査により、高血圧患者の降圧目標到達率が2002年調査時に比べて22ポイント改善し、半数を超えたことが示された。横浜相鉄ビル内科医院の森壽生氏が第37回日本高血圧学会(JSH2014、10月17〜19日、横浜開催)で発表した。

降圧目標到達率、11年前より22ポイント改善の画像

ログインして全文を読む