降圧不十分例に対して、降圧薬をイルべサルタン/アムロジピン配合剤に切り替えたところ、長期にわたって安定した降圧効果が得られることが示された。宮川内科小児科医院(神奈川県横浜市)の宮川政昭氏が第37回日本高血圧学会(JSH2014、10月17〜19日、横浜開催)で報告した。

実地臨床での降圧不十分例に対する次の一手はの画像

ログインして全文を読む