高血圧で降圧薬を処方している患者の中に、左室肥大を来している例が少なくないことが示された。聖路加国際病院循環器内科の水野篤氏が第37回日本高血圧学会(JSH2014、10月17〜19日、横浜開催)で発表した。

高血圧患者の心エコーで軽度の左室肥大が半数に判明の画像

ログインして全文を読む