糖尿病患者は、超速効型インスリン製剤を導入する際に、費用面よりも使いやすさを重視して薬剤を選ぶことが示された。岡崎市民病院(愛知県岡崎市)の平岩真弓氏らが第58回日本糖尿病学会(5月21〜24日、下関開催)で発表した。

超速効型インスリンの薬剤選択は使いやすさ重視の画像

ログインして全文を読む