糖尿病治療に欠かせない食事・運動療法の成功には、患者のモチベーションが大きく関わってくる。糖尿病患者と主治医の性格と、糖尿病教育入院後のHbA1c値の経過との関連を調べた結果、医師と患者の性格の組み合わせによってHbA1c改善効果に違いがあることが示された。鳥取大学病院薬剤部の太田友樹氏らが第58回日本糖尿病学会(5月21〜24日、下関開催)で発表した。

医師・患者の性格の組み合わせが血糖管理に影響の画像

ログインして全文を読む