4406例のシタグリプチン投与例を2年間観察した結果、全体でHbA1c値は約0.6%低下していた。投与開始後3カ月から2年まで効果が維持されていた患者群では、開始時から2年間、体重の増加がなく、食事・運動療法の遵守率が高いことも明らかになった。日本糖尿病協会学術委員会の大規模実態調査研究UNITE Studyの成果で、同協会の志原伸幸氏らが第58回日本糖尿病学会(5月21〜24日、下関開催)で発表した。

DPP-4阻害薬のHbA1c低下効果の維持、体重管理が鍵にの画像

ログインして全文を読む