マグネシウムの摂取量と全死亡率を調査した結果、マグネシウム摂取が多いほど死亡率が減少する傾向が認められた。九州大学病態機能内科の藤井裕樹氏らが第58回日本糖尿病学会(5月21〜24日、下関開催)で発表した。

2型糖尿病患者ではマグネシウム摂取が多いほど死亡リスクが減少の画像

ログインして全文を読む