インスリンやグルカゴン様ペプチド(GLP)-1による治療を受けている糖尿病患者では、低血糖に対する危機意識をほとんどの患者が持っているが、その対策としてブドウ糖などを実際に携帯している患者は半数にとどまることが分かった。糖尿病患者を対象に行ったアンケートの結果で、焼津市立総合病院看護部の小長谷和美氏らが第58回日本糖尿病学会(5月21〜24日、下関開催)で報告した。

インスリン治療患者でもブドウ糖携行者は半数の画像

ログインして全文を読む