日本人の不眠症の2型糖尿病患者に対するラメルテオン8mg投与の成績が報告された。それによると、糖代謝は変化しなかったものの、LDL-Cが低下し、入眠時間が短縮、睡眠の質も改善したことが示された。横浜栄共済病院(横浜市)代謝内分泌内科の角田哲治氏らが第58回日本糖尿病学会(5月21〜24日、下関開催)で発表した。

ラメルテオンで2型糖尿病患者のLDL-Cが低下の画像

ログインして全文を読む