日本糖尿病学会は今後、年次学術集会や関連する研究会において同学会員が研究成果を発表する際、同学会員・非会員を問わず発表者全員の利益相反(COI)の開示を求めることにした。現状は、筆頭発表者のみが開示すればよかった。今年5月20日の同学会理事会で決定され、今期学術集会の翌日に当たる5月25日から実施する。山口県下関市で5月21日に始まった第58回日本糖尿病学会の理事長声明の中で、日本糖尿病学会理事長の門脇孝氏が公表した。

日本糖尿病学会、今後は発表者全員の利益相反を開示の画像

ログインして全文を読む