術後感染予防抗菌薬の投与期間について胃癌胃全摘術、肝細胞癌肝切除術、直腸癌手術の3術式で検討したところ、胃癌胃全摘術と肝細胞癌肝切除術は24時間までの投与でも問題ないが、直腸癌手術については24時間以上の投与が必要となる場合もあった。日本外科感染症学会主導の多施設共同無作為化比較試験の結果、明らかになった。三重大学の小林美奈子氏が、第22回日本消化器関連学会週間(JDDW2014、10月23〜26日、神戸開催)で発表した。

術後の抗菌薬投与は24時間までで大丈夫かの画像

ログインして全文を読む