一般社団法人日本専門医機構が認定する「専門医」の制度設計の議論が進む中、「メスを置いた外科医の立場」に対する今後の方向性の一案が示された。第22回日本消化器関連学会週間(JDDW2014、10月23〜26日、神戸開催)で開催された医療セミナーで、慶應義塾大外科の北川雄光氏が披歴した。

新専門医制度で「メスを置いた外科医」はどうなるのかの画像

ログインして全文を読む